Speed Witch Battle

ブログへのアクセスありがとうございます。

最新の投稿

カジノを描いたアニメや漫画

カジノを描いたアニメや漫画

オンラインカジノならベラジョンで!
以前は、カジノがアニメや漫画に登場することは、今ほど多くはありませんでした。カジノは、重要な仕事に就くビジネスマンが巨大なテーブルに座り、葉巻を吸い、大金を賭ける場所、つまり「大人」の場所というイメージがあります。

しかし時を経て、この文化も変化してきました。カジノが主流なメディアに受け入れられるにつれ、カジノのイメージも変わってきました。そのため、今では漫画にカジノやギャンブルが描かれるのは当たり前のことになっています。

漫画におけるギャンブルの移り変わり

かつてインターネットが無かった頃は、カジノについて知るのに、漫画が大きな役割を果たすことがありました。そこには道徳的、教育的な目的のものもありました。確かに、こういった観点からすると少し奇妙に思えるかもしれませんが、当時の人々は漫画を通じてカジノに関してんでいたのです。

このうち最も有名な例が1940年代初頭のスーパーマンのコミックです。コミックの中に、スーパーマンが問題を抱えるギャンブラーたちに出会うシーンがあります。彼らは不安定な精神状態の中で絶望しており、自らの命を終わらせようと考えていました。

見た物や出会った人々に感動したスーパーマンは、彼らを助けるだけでなく、大都市にはびこるギャンブルシンジケート全体に立ち向かうことを決心します。さらに悪いことに、このコミックにはひどいギャンブル依存症を持つ悪役も描かれており、その中でも最も有名なのはスティーブン・シャーペ(グリーン・ランタンのネメシス)です。

彼の依存症はかなりひどく、彼を死に至らしめます。このようにコミックでは、読者に対して、ギャンブル漬けになると人生を台無しにする可能性があるという警告を送っていたのです。

 

転換期

こういった状況は、カジノのオーナーがこれらのアクションヒーローやコミック本のヒーローを、カジノでのゲームの宣伝に逆に利用できると気が付いた時に少しずつ変化していきました。その後すぐ、バットマンやスーパーマン、アイアンマンをモチーフにしたギャンブルマシンが急増しました。この背景にある道徳性については議論の余地がありますが、一つだけ確かなことは、その結果が驚くべきものだったということです。これらのスーパーヒーローをカジノやギャンブルと結びつけることで、人々のプレイ意欲がますます高まったのです。

完全な逆転現象

ギャンブルのマシンや施設にスーパーヒーローが取り入れられるようになってから、クリエイターたちは、自分の負の側面やギャンブルを少しばかり楽しんでいることを恥じない主人公を描き始めました。そして何より、そのことにより彼らの人気は高まりました。

ギャンブルをたしなむスーパーヒーローと言えば、最も有名なのがガンビットでしょう。ガンビットは一種のアンチヒーローで、実際にはX-MENの世界のメンバーでしたが、少し厄介な過去を持つキャラクターでした。盗賊団の一員だったのが、後に反旗を翻して善人となったのです。トランプやカードを使ったトリックのほか戦略に非常に長けていて、まさにラスベガスのストリップ通りにいてほしい人物です。

 

まとめ

お分かりのように、当初はカジノと漫画文化の関係は、あまり良いものではありませんでした。コミック本のヒーロー文化はギャンブルを嫌い、積極的に対抗するような関係でした。ですが時が経つにつれ、カジノは人々から少しずつ受け入れられ、アニメの世界でもどんどん取り上げられるようになったのです。

今や、コミック本に登場するギャンブラーとそのスキルは、非常にかっこいい人物であり、こんな風になりたいと思わせる、ヒーローのような描写がされています。そして今後何が起こり、この関係がどうなっていくのかは誰にもわかりません。私たちにできることはただ待って様子を見ることだけです!

Leave a Reply

Your email address will not be published.